「Ruby / Ruby on Railsが学べるプログラミングスクールってどこ?」
「Rubyが学べるプログラミングスクールで無料はある?おすすめは?」

プログラミング未経験の人がRubyを学びたいと思ったら、プログラミングスクールで学ぶのが効率的です。分からないところはすぐに質問できるし、学習効率の良い体系的なカリキュラムが組まれているからです。

とはいえ、どのプログラミングスクールでもRuby / Ruby on Railsが学べるわけではありません。Ruby / Ruby on Railsが学べるプログラミングスクールは限られているし、スクールによって特徴があります。

そこでこの記事ではRuby / Ruby on Railsが学べるおすすめのプログラミングスクールを紹介するとともに、それぞれのスクールによっての特徴も紹介しています。あなたにあったプログラミングスクールを見つけてみて下さい!

Ruby / Ruby on Railsが学べるおすすめプログラミングスクール

それでは、Rubyが学習できるプログラミングスクールについて、順に紹介しましょう。

テックキャンプ エンジニア転職コース

テックキャンプエンジニア転職

テックキャンプエンジニア転職コースは、プログラミング未経験からでもエンジニアを目指せる転職に強いプログラミングスクールです。

Ruby / Ruby on Railsを中心に学び、最短で10週間でエンジニア転職を目指せるカリキュラムが組まれています。

未経験からエンジニアに転職しても、現場で困らないために必要なカリキュラムが組まれているんです。

たとえばプログラミング言語に至ってはRuby / Ruby on Rails以外に、HTML、CSS、JavaScriptといったフロントエンドで必須な言語、データベース、サーバー構築、サービス設計手法や運用といった、Web開発エンジニアとして必要なスキルを総合的に学ぶことができます。

最終的には、ゼロからサービスを開発し、リリースするまでの全工程を体験できるので、Rubyを学びエンジニアへの転職を実現したい人におすすめです。

テックキャンプエンジニア転職 公式サイトはこちら

TechAcademy

TechAcademy(テックアカデミー)は受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールです。料金が安い上に学習内容も充実しているので多くの人から選ばれています。

TechAcademyでは非常に多くのコースを提供していて、その一つにRuby / Ruby on Railsを中心に学ぶWebアプリケーションコースがあります。

Ruby / Ruby on Railsの基礎的な部分の理解はもちろん、HTML/CSSの理解とコーディングスキル、Bootstrap、Git/GitHubなども学び最終的なオリジナルWebサービスの作成を目指すコースになっています。

オンライン学習のみのプログラミングスクールではありますが、Ruby / Ruby on Railsに関する内容は網羅されているので、格安で本格的なWeb開発スキルを身につけたい人におすすめ。

キャンペーンを利用すれば他社の1/2~1/4ほどの値段で受講できます。

TechAcademy 公式サイトはこちら

GEEK JOB

ギークジョブ

GEEK JOBは完全無料で、未経験からエンジニア転職を目指せるプログラミングスクールです。

未経験の人でも最短1ヶ月の短期間で、プログラミングが学習できる環境が用意されています。かつ、GEEK JOBは転職エージェントとしての側面もあるので、エンジニアとして働いたことがない業界未経験の人でもエンジニア転職を成功させている受講生が数多くいるのが特徴です。

Rubyは、GEEK JOBのプログラミングコースで学習することができます。
プログラミングコースでは、Rubyをベースに基礎から学習し、Webサービスの開発の流れについても学習していきます。そして、その開発実績を基に面接対策、履歴書対策といった就職支援を受けることができます。

GEEK JOBはなんといっても完全無料で学習からエンジニア転職まで目指せるのが魅力なので、プログラミングスクールに払うお金はないけど、エンジニアになりたいあなたにおすすめです。

GEEK JOB 公式サイトはこちら

DMM WEBCAMP

DMMWEBCAMP

DMM WEBCAMPは転職成功率98%を誇る人気のプログラミングスクールです。
条件はありますが、転職できない場合は全額返金保証が付くというエンジニア転職を目指す人には嬉しい特典があるスクールです。

DMM WEBCAMPでは、受講者1人にメンターが1人つき、マンツーマン形式で丁寧に指導してくれます。受講者ごとの学習進度に柔軟に対応するために、学校の授業のような講義形式は採用していませんので、受講者に最敵な学習環境を提供可能です。

Rubyは、DMM WEBCAMPのビジネス教養コースで学習することができます。このコースでは、主にデザインとプログラミングの2つの側面から、Webについて学習していきます。プログラミング面では、RubyとそのWebフレームワークであるRuby on Rails、デザイン面では、HTML、CSSを学習します。

働きながらでも学習できるプログラミングスクールなので、社会人の人は是非チェックしてみて下さい。

DMM WEBCAMP 公式サイトはこちら

ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプは、プログラミング未経験からエンジニア転職を最終目標としている、エンジニア転職に強いプログラミングスクールです。

ポテパンキャンプ卒業生のうち、転職サポート希望者の98%がWeb系エンジニアとして転職を成功させている実績があります。

ポテパンキャンプでは、受講者それぞれの学習進度に合わせて学習コースが用意されているので、エンジニアを目指したいけど仕事が忙しい、、という社会人にもおすすめ(実際、半数近くの受講生が、働きながら学習している)。

ポテパンキャンプでは動画教材を利用して、Ruby / Ruby on Railsを学習していきます。ある程度知識のある人は、選抜クラスキャリアコースを選択すると、より実践的な課題に挑戦することができます。

ある程度独学でRuby / Ruby on Railsをかじったけど、転職するまでの実力はない‥という人は、ポテパンキャンプが合っていると思います。ぜひ一度チェックして下さい。

ポテパンキャンプ 公式サイトはこちら

CodeCamp

コードキャンプ

CodeCampは、レッスン満足度94.6%を誇る人気のオンラインプログラミングスクールです。CodeCampのプログラミング学習を300社以上が導入していて、2万名以上が受講しているほど、多くの人に選んでいるプログラミングスクールです。

CodeCampでは、Rubyマスターコースが用意されています。Rubyマスターコースでは、Ruby / Ruby on RailsをベースにWebにおいて必須となる技術を幅広く学習していきます。

CodeCampのサポート体制として、チャットによる質問サポートはもちろん、質問は毎日7:00から23:40まで、年中無休で受け付けているので、日々忙しい社会人でも学習しやすい体制が整っています。

CodeCampでは個人レッスンもやっていて、講師は現役エンジニアなので単純なプログラミング学習だけでなく、業界のトレンド、身に付けると役立つ現場のスキル、未経験から転職するコツなどを情報収集することもできます。キャンペーンもやっているので利用しましょう!

CodeCamp 公式サイトはこちら

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾は、最短1ヶ月でプログラミング習得を目指せる人気のプログラミングスクールです。これまで累計20,000名以上の指導実績で、講師満足度95%。満足度が非常に高いプログラミングスクールです。

プログラミングスキルの取得において、オリジナルのサービスを開発することを通して身につけていくのがこのプログラミングスクールの特徴です。実際の現場を想定したサービス開発の流れをベースにしたカリキュラムが組まれております。

Rubyは、侍エンジニア塾のスタンダードコースで学習することができます。Rubyだけに留まらずHTML、CSSなどの言語も併せて学ぶこともできます。そのため卒業時にはオリジナルのサービスをゼロから開発するスキルを身につけ、Web開発のノウハウを習得できます。

転職成功率も94.1%と非常に高い実績を出しているので、エンジニア転職を目指したい人にもおすすめ。

侍エンジニア塾 公式サイトはこちら

テックキャンプ プログラミング教養コース

テックキャンプ

テックキャンププログラミング教養コースは、上で紹介したテックキャンプエンジニア転職コースと同じ会社(株式会社div)が運営しています。

テックキャンププログラミング教養コースは、教養としてのプログラミングを学習することを目的としていて、転職を目的としたコースではありません。あくまでプログラミングの教養を身につけるコースなので、エンジニア転職を目指す人には向いていません。

とはいえ、テックキャンププログラミング教養コースでも、Ruby / Ruby on Railsの学習をすることができます。Ruby / Ruby on Railsが学習できるWebサービス開発コースでは、プログラミングとWebサービスの仕組みの全体像を理解することを目標にしています。
プログラミングの基礎から学習していき、HTML、CSS、JavaScript、SQLといったWeb系で必須となる技術も学んでいくので、プログラミングの網羅的な知識を幅広く身につけることができます。

テックキャンププログラミング教養 公式サイトはこちら

Dive Into Code

最後に紹介するのがDive Into Code。Dive Into Codeは、プログラミングスキルに加えて、課題を解決する能力や、チーム開発におけるコミュニケーションスキルを身につけ、エンジニアとして必要なスキルを総合的に身につけることができるプログラミングスクールです。

Rubyは、Dive Into CodeのWebエンジニアコースで学習することができます。学習期間中の半年間で、RubyのほかJavaScriptをはじめとしたフロントエンドの言語なども学習します。さらに、実際にサービスを開発することができ、Web開発のノウハウを身につけられます。

上で紹介したプログラミングスクールの中では、あまり知られていないスクールの一つですが、学習内容&転職サポートの充実度では非常に高い部類に入るので、是非チェックしてみて下さい。

Dive Into Code 公式サイトはこちら

比較で分かる!ニーズ別Ruby / Ruby on Railsプログラミングスクール

上でRuby / Ruby on Railsが学べるプログラミングスクールを紹介しましたが、ここからは様々なニーズに合わせて、おすすめのプログラミングスクールを紹介します。

Rubyスクール比較表

まずは上で紹介したプログラミングスクールを比較します。

スクール名 学習スタイル 料金 受講期間 転職サポート 働きながら学習
テックキャンプエンジニア転職 オンライン&通学 648,000円~ 10週間~
TechAcademy オンライン 139,000円~ 1ヶ月~
GEEK JOB オンライン&通学 0円~ 1ヶ月~
DMM WEBCAMP オンライン&通学 628,000円~ 6ヶ月~
ポテパンキャンプ オンライン&通学 250,000円~ 2ヶ月~
CodeCamp オンライン 148,000円~ 1ヶ月~
侍エンジニア塾 オンライン&通学 197,800円~ 1ヶ月~
テックキャンププログラミング教養 オンライン&通学 217,800円~ 1ヶ月~
Dive Into Code 通学 498,000円~ 4ヶ月~

無料で受講できる

ギークジョブ

無料でRuby / Ruby on Railsが学べるプログラミングスクールは、GEEK JOB(ギークジョブ)です。GEEK JOBは、受講費、教材費がすべて無料!

GEEK JOBは、プログラミングスクールでありながら、転職エージェントとしての役割を担っています。転職エージェントは、転職希望の人を企業に紹介し、無事転職できた場合に企業から報酬をもらうことで運営するシステムとなっています。この報酬を持って運営できているので、受講者に費用を請求せずに済むのです。

注意点として、GEEK JOBの「転職コース」は主に20代を対象にしているため、30代以降の人が受講するには、一旦「学習コース」を受講する必要があります。
その際は、受講費として120,000円を払う必要があります。ただし、その後就職支援を受け無事転職できた場合は、受講費すべてをキャッシュバックすることができ、実質無料で受講できるのです。

転職実績を見てみると、未経験からのエンジニア転職率は97.8%となっています。未経験の求人数は500社以上に及びます。

GEEK JOB 公式サイトはこちら

料金が安い

プログラミングスクールno1

無料とまで行かずとも、料金を抑えたい人はTechAcademy(テックアカデミー)がおすすめです。

TechAcademyの受講料金は、社会人139,000円~/学生109,000円からRubyを学習できます。

ほかのプログラミングスクールを見ると安くても20万円弱、高いと60万円以上しますが、TechAcademyは10万円を少し超えるぐらい。格安ですが、エンジニア転職を目指せる位、サポートと学習内容は充実しているので、多くの人に選んでいます。

さらに早期に申し込むと割引になる早割や、期間限定で1コース無料で付いてくるお得なキャンペーンもやっていたりします。とにかく安く充実した学習内容を求めるならTechAcademyを選ぶのが間違いありません。

TechAcademy 公式サイトはこちら

エンジニアになるための転職サポートが手厚い

テックキャンプエンジニア転職

プログラミングスクールで学んでエンジニア転職したいあなたは、テックキャンプエンジニア転職がおすすめです。

テックキャンプエンジニア転職では、プログラミング未経験の人がエンジニアとして転職するための手厚いサポートを提供しています。専属のキャリアアドバイザーのもとで、自己分析や履歴書、職務経歴書の添削を実施したり、面接の対策を転職成功まで徹底的にサポートしてくれます。

転職実績については、転職成功率99%、受講生の殆どがプログラミング未経験からエンジニア転職しています。国内最大級の未経験からのエンジニア転職成功実績を誇るので、エンジニア転職したい人は必ずチェックすべきプログラミングスクールです。

テックキャンプエンジニア転職 公式サイトはこちら

オンラインで学習できる

通学するのが困難などの理由で、オンラインで学習を済ませたいと考えている人は、TechAcademyがおすすめです。

TechAcademyはオンラインで完結する学習環境を提供しております。基本的には、チャットを利用して講師とのやり取りをします。メンタリングや不明点の質問はもちろんのこと、回数無制限の課題レビューも受け付けています。

講師の人たちは、現役のエンジニアで実際の現場で活躍している人で構成されています。もちろん、Web系の知識に明るいのでどんな質問でも丁寧に答えてくれることでしょう。

TechAcademy 公式サイトはこちら

社会人におすすめ

コードキャンプ

プログラミングスクールに通いたくても、日々会社や学校で忙しく昼間に時間が取れないあなた!CodeCampがおすすめです。

CodeCampは、オンラインによる学習となりますので、講師とのやり取りはチャットを通して行うことになります。そのチャットの対応時間は朝の7時から夜の23時40分となっています。夜の対応時間が比較的長いため、夜間学習を考えている人にぴったりですね。また、平日土日休日、365日対応しているので、休日で集中的に学習することも可能です。

また、CodeCampでは学習期間に応じて3つの料金プランを用意しています。学習期間が長いプランであるほど、週毎の学習時間(目安)が短いのが特徴で、料金も10万円ほどお得になります。社会人はとくに、まとまった時間を確保するのが難しいでしょうから、毎日少しの時間でコツコツと学習するのに向いていると言えますね。

CodeCamp 公式サイトはこちら

【おすすめNo.1】Ruby / Ruby on Railsが学べるプログラミングスクール

テックキャンプエンジニア転職

Rubyを学びたいけど、どのプログラミングスクールがいいか迷う‥というあなたは、テックキャンプエンジニア転職を選びましょう!

テックキャンプエンジニア転職のコンセプトとして、受講者を一人の客とみなさず、受講者一人ひとりが転職成功させるために、一人ひとりに合わせたサポートを徹底しています。

教室学習とオンライン学習、短期集中、夜間学習など、さまざまな学習スタイルに柔軟に対応しているところから見ても、受講者一人ひとりに合わせた学習環境を提供していることが分かります。

また、転職後のアフターフォローも欠かさず、定期的にキャリアの相談を受け付けており、仕事がうまく行かない、不満があると言った悩みを受けて、再度、転職支援も受け付けるなどの措置を行ってくれます。これも、受講者が転職を完全に成功させるための徹底したサポートといえます。

料金が安くなるキャンペーンもやっているのでチェックしてみて下さい。

テックキャンプエンジニア転職 公式サイトはこちら