プログラミングの世界には、様々なプログラミング言語が存在することを、ご存知でしょうか。

プログラミングができる人の需要が高まっている昨今、プログラミングの勉強を始めようと考えている人が増えてきています。しかし、プログラミング言語がたくさんありすぎて、一体どれを学べばよいのだろうかと悩んでいる人も多いでしょう。

ここでは、数あるプログラミング言語の中から、代表的なものをとり上げて、その言語の特徴や学ぶメリットなどについて解説していきます。

Java

Javaは、プログラミング言語の一つです。

Javaは、90年代半ばに登場して以来、様々な場所で利用されてきており、大変な人気を集めている言語です。世界的に見ても人気は高く、検索エンジン最大手のGoogleが開発する際の標準言語として「Google三大言語」を定めているのですが、Javaもその一つに数えられています。

Javaの特徴

Javaの言語の最大の特徴は、一度ソースコードを書けば、いかなる環境の中でも実行することができるということです。

例えば、OSにはwindowsやmacOSなど複数ありますが、当然ながら、それらの仕様は大きく異なっております。

異なるOSであっても同じ結果が出るようにするには、それぞれのOSの仕様に沿ったコードを書かないといけませんので、大変な手間を要します。このような場合に、手間を掛けず、容易に移植できることができないかが、当時の大きな課題でした。

Javaでは、異なる環境下でも同じように取り扱うことができる技術JVM、Java仮想マシンという)を導入することにより、一つソースコードを書けば、どこでも同じように動作することができるようになりました。容易な移植性を実現することができたのです。

Javaの利用シーン

Javaは企業が保有する業務システム、Webアプリケーション、スマホのOSとしても有名なAndroidアプリなどで利用されています。また、ゲーム開発でも利用されており、あの大人気ゲーム「Minecraft」もJavaで開発されています。

Javaを最初に学ぶメリット

Javaは依然として人気が高く、Javaの経験がある人を採用する企業も多数あります。したがって、Javaでプログラミングができれば、すぐにでも現場で活躍することが可能です。

また、Javaを身につけていれば、他の言語を学ぼうとした際にすぐに理解することができます。多種多様なプログラミング言語とはいえ、似ている部分も多いため、応用がききやすいということですね。

Javaを学ぶうえで大変なのは、「オブジェクト指向」という概念の理解です。オブジェクト指向は、専門用語が多かったり、直感的に理解しづらかったり、初心者にとってとっつきにくい部分があります。

しかし、オブジェクト指向言語はソースコードの使いまわしが用意になったり、修正が容易に行えたりでき、作業効率を大幅に向上するという大きなメリットがありますので、ぜひ身につけたい知識です。

Kotlin

Kotlinは「コトリン」と読みます。

Kotlinは2011年に登場した比較的新しめの言語であり、JVMが導入されている環境で動作します。つまり、Javaと同じようにJVMが導入されていれば、環境に関わらず同じように動作することができます。

簡潔なコードで、初心者にもおすすめ

Javaよりも簡潔にコードを書くことができるのが特徴であり、メリットであります。コードを書く際は、常に読みやすさを意識する必要があります。冗長的でごちゃごちゃしたコードは、メンテナンスの難易度が高くなり、品質を著しく落としてしまいます。

また、後述する他のプログラミング言語にも言えることですが、コードが簡潔に書けるということは、それだけ学習する際のコストも小さい(学びやすい)ということです。

Kotlinは、安全性の高いコードでもある

Kotlinのもう一つの特徴として、Javaよりも安全なコードが書けるということです。Kotlinでプログラミングをしているときに頻発するエラーを未然に防いでくれる仕組みを取り込んでいるため、エラーの修正などで作業を要することも少なくなりました。

Androidアプリ開発言語として、需要増が期待される

Kotlinは、2017年にGoogleからAndroidの公式開発言語として採用されたことをきっかけに、Androidアプリの開発言語としての地位を築き始めています。Yahoo!ニュースアプリやGYAO!、LINEアプリなどがKotlinを用いて開発されました。

Kotlinは登場してから日も浅く、Javaと比較して日本語の資料が少ないのがネックですが、これからもAndroidの開発においては、需要が高くなることが予測されるので、学んでおいて損はありません。

Swift

Swiftは、iPhoneやmacなどを手掛けるApple社が開発したプログラミング言語です。この言語が登場したのは2014年で、比較的新しめの言語といえます。

Swiftの特徴

Swiftは読みやすさ、書きやすさを追求しているのが特徴です。Swiftは、他の人気なプログラミング言語の良いところを取り入れており、バランスの取れた言語といえます。

Swiftのもう一つの特徴は、Playgroundという機能です。Playgroundは、プログラミングしている最中に、意図した結果が得られているかをリアルタイムで確認できる機能です。

今まで、プログラムは、書いたコードをコンパイルして実行可能な状態にし、実際に実行することで、動作確認をしてきました。実行しながら確認するという作業は、非常に時間がかかります。そのような問題点を、SwiftのPlayground機能は解決してくれます。

Swiftの利用シーン

Swiftは、Apple社製品の開発で主に利用されます。例えばiPhoneやiPad、macなどで動作するアプリケーションの開発です。SwiftもApple社が開発しているので、親和性が高いのです。また、他にもWebアプリケーションやWebサーバの開発でも利用されています。

初心者がSwiftを学ぶメリット

Swiftは、他の言語のいいところを取り込んでいるので、一度Swiftを学べば他の言語を学ぶ際にも応用が効くのが良いところです。また、読み書きのしやすさによって、これからの開発でSwiftを採用する事例が増えることが予想されます。Swiftを学んでおけば、すぐに現場で活躍することができるでしょう。

Swiftのデメリット

一方、Windowsパソコンで開発するには敷居が高い言語ともいえます。基本的に、Swiftはmacで開発することを前提としているためです。

特にプログラミング初心者の場合は、WindowsでSwiftを学ぶのは相当苦労することが予測できるので、macを持っている(購入できる)人前提で考えておきましょう。

PHP

PHPは、1990年代後半に登場したプログラミング言語です。PHPは、Webアプリケーション、Webサーバの開発における代表的な言語としての地位を築いております。

PHPの特徴

PHPは、数あるWeb開発系の言語と比べて、初心者でも容易に取り扱うことができるのが特徴としてあげられます。構文がシンプルで分かりやすいからです。

また、PHPでは、様々なフレームワークが発表されているのも特徴としてあげられます。

フレームワークとは、Web開発において土台となるようなソフトウェアのことを言います。1からPHPで書くのではなく、あらかじめ用意されたフレームワークに沿って開発をすすめることで、開発の手間を削減できます。

PHPの注意ポイント

一方、PHPはその自由度の高さから、プログラミングする際にコーディング規約を常に意識しないと、変な癖が身についてしまう危険があります。

また、他のプログラミング言語と比較して、セキュリティ面が弱いことがデメリットとして挙げられており、プログラミングする際は、セキュリティ面についても意識しなければならないと、考えることが結構多いです。

PHPの代表的サービス

PHPを採用しているサービスで代表的なものといえば「WordPress」です。WordPressは、ブログを簡単に作成することができるサービスで、世界的に広く利用されています。

PHP学習のメリット

PHPは歴史も深いため、日本語の資料がたくさんあり、学習がしやすいのが一つのメリットです。また、前述したフレームワークについても、専門書が発売されているので、PHPとセットで学ぶと良いでしょう。

Ruby

Rubyは、1990年代半ばに登場したプログラミング言語で、日本で開発された純国産プログラミング言語でもあります。

Rubyの特徴

Rubyの特徴、構文がシンプルで記述量が少ないことが挙げられます。比較的初心者にとって使いやすい言語です。

前述したとおり、日本で開発された言語のため日本語の学習資料が多いです。学習コストが低いのは、初心者にとってもおいしいメリットと言えるでしょう。

Rubyが使われる場面

Rubyも主にWeb開発において用いられる言語の代表格です。

Web開発系の言語、わかりやすさという観点でみると、先ほど紹介したPHPと似ていますが、RubyはWeb開発以外でも利用されている場面が多いというのがあります。

フレームワーク「Ruby on Rails」

Rubyを言及するうえで欠かせないのが「Ruby on Rails」というフレームワークです。

現在、Rubyを用いてWeb開発するときは、Ruby on Railsをベースにするのが主流となっております。このフレームワークを用いることで、開発スピードを飛躍的に向上させることができます。

Rubyが使われているWebサービス

Rubyを採用しているサービスは数多くあります。代表的なものに「GitHub」や「クックパッド」、「Hulu」があります。どれも有名なサービスですね。

Rubyを学ぶ上での注意点

Rubyは、先述したように学習コストが低いため、初心者でも気軽に始めることができますが、注意すべき点としては、Ruby on Railsの勉強だけに偏ってしまわないようにすることです。

Ruby on Railsは、使い勝手の良さや作業スピードの速さゆえ、重宝されてきているが、あくまでWeb開発のためのフレームワークに過ぎません。

他の言語でも応用できるようなプログラミングの勉強をするのであれば、Rubyという言語を一通りマスターすることが大切です。

JavaScript

JavaScriptは、1990年代半ばに登場したプログラミング言語です。「Java」と付いているので、Javaに似ているかと思いきや、全く別々の言語です。

JavaScriptの特徴

JavaScriptは、主にWebページ上に動きをつけるために用いられます。写真をスライド形式で表示させたり、ボタンを押すとメッセージが表示されたりと言ったことが、JavaScriptで実現できることの一例です。Webページを見ているときに、動きがついているなと思ったら、大抵はJavaScriptが利用されていると考えて良いでしょう。それぐらい、JavaScriptは幅広く普及しています。

また、JavaScriptは、特別な開発環境を必要とせず、テキストエディタとブラウザさえあれば、簡単に動作確認できるのが特徴です。学習する際の敷居の低さが、初心者にとっても優しいといえます。

また、JavaScriptも歴史も深いため資料が豊富です。これも、プログラミングの学習の容易さに一役買っていると言って良いでしょう。

JavaScriptの開発注意点

一方、JavaScriptは環境ごとに動作が異なることに注意しなければなりません。ブラウザにもGoogle ChromeやFirefoxなどさまざまあり、同じコードを書いても、ブラウザごとに結果が異なることが結構あります。JavaScriptでプログラミングする際には、ブラウザごとの動作の違いを常に意識する必要があります。

Webページ以外でも開発シーンが拡がる

またJavaScriptは、最近ではWebページの他、サーバサイドの開発やAndroid、iOSの開発でもJavaScriptを利用することが増え始めています。これからも、JavaScriptの需要は減ることはないので、学習しておいて損がないと言えるでしょう。

Python

Pythonは、1990年代前半に登場したプログラミング言語です。

ここ最近、機械学習やAIの研究の発達に伴って、急速に人気を得ている言語です。Google三大言語の一つとして数えられており、将来が期待される言語として注目されています。

Pythonの特徴

Pythonも、PHPやRubyのように、構文のわかりやすさ、コードの書きやすさが特徴として挙げられます。先述したように、分かりやすいコードは、メンテナンスを容易にでき、学習する際のコストも抑えられるというメリットがあります。

また、Pythonにはライブラリが豊富であるのも特徴的です。ライブラリとは、汎用性の高いプログラムをまとめたもののことを言います。ライブラリを使うことで、同じようなプログラムを逐一書かずに済みます。

Pythonでは、科学技術でよく使われる計算などと言った処理を手軽に使えるよう、たくさんのライブラリが作られています。機械学習やAI研究においてPythonが人気を得ている理由は、この豊富なライブラリによるものなのです。

Pythonの利用シーン

先述したように、Pythonは機械学習やAI研究の分野で利用されているほか、Web開発など様々な用途で用いられています。YouTubeやInstagramなどはPythonで開発されたサービスです。

Pythonが不向きなのは・・

一方で、Pythonはスマホアプリの開発やゲームの開発において、他のプログラミング言語と比較して不向きです。

まったくできないということではないのですが、ライブラリが充実していないので、本格的なスマホアプリやゲームを開発したければ、他の言語を選択しましょう。

R

Rは、1990年代後半に登場したプログラミング言語です。RもPythonと同じように、機械学習やAI研究などの学術分野で利用されています。

Rの特徴

Rの特徴といえば、データ解析に特化したライブラリが充実していることです。入力したデータを解析して、グラフなどを出力することができる機能は、Rのセールスポイントの一つです。

また、構文が比較的シンプルということも特徴として挙げられます。これから、ビッグデータ解析が注目されつつある中で、シンプルな構文で本格的な解析ができることから、Rというプログラミング言語が脚光を浴び始めています。これから、ビッグデータ解析の分野で活躍したいというのであれば、Rを勉強することをおすすめします。

Rを学ぶ上での注意点

一方で、Rはデータ解析に特化した言語ということもあり、それ以外の用途、たとえばWeb開発やアプリ開発などで利用されることはありません

この点が、Pythonと大きく異なるところでしょう。もし、Web開発やアプリ開発がしたいのであれば、Rは選択肢から外したほうが良いでしょう。

C#

C#は、2000年代前半に登場したプログラミング言語で「シーシャープ」と読みます。windowsを手掛けたMicrosoft社が開発した言語で、主にwindowsで動作するアプリケーション、Webアプリケーションの開発で用いられています。

C#の特徴

C#は、JavaやC++などの言語の良いところを取り込んだ言語であるので、JavaやC++などと似ている部分があります。しかし、JavaやC++の複雑な仕様を極力排除したことから、C#は比較的単純な構文であるのが特徴です。

また、C#のわかりやすさの裏には「.NET Framework」というフレームワークの存在があります。windowsに触れていれば、一度聞いたことがあるのではないでしょうか。フレームワークという、開発の土台がすでに確立されていることで、アプリケーションの開発者は少ない知識でアプリケーションを作成することができるのです。

C#で作られているサービス

C#で作られたサービスの例として、Microsoftの公式サイト、ポータルサイトのMSNなどが挙げられます。どれも、Microsoftに関わるサイトですね。ほかにも、C#はスマホアプリの開発でも用いられており、代表的なものに「神獄のヴァルハラゲート」があります。

C#が不向きなケース

C#は、主にwindowsで開発するのが主ですので、逆にmacやlinuxで開発するには不向きの言語といえます。

ただし、開発できないというわけではなく、専用のソフトウェアを導入すれば、プログラミング自体は可能であることも忘れないでください。

C++

C++は、1980年代前半に登場したプログラミング言語で「シープラスプラス」、「シープラプラ」と読みます。今まで紹介したプログラミング言語のなかでは歴史が一番深いです。

C++は、C言語というプログラミング言語を拡張した言語とも言えます。C言語もC++以上に歴史が深く、後発のプログラミング言語に大きな影響を与えています。「プログラミングするならまずはC言語を学ぶべき」という声が多いのは、C言語さえ学んでおけば、他の言語を学ぶときに応用できるからです。

C++の特徴

C++は、ハードウェアに対して細かい操作が可能な言語であるのが特徴です。具体的には、メモリやディスプレイなどの、パソコンを構成する部品にアクセスし、データを参照したり、文字を表示させたりと言った基本的な操作をプログラミングすることができるのです。これらを駆使すれば、windowsやmacのようなOSを自分で作ることも可能なのです。

そのほか、アプリケーションやゲーム、業務システムなど、C++の用途は非常に多岐に渡ります。インターネットブラウザのGoogle ChromeもC++で開発されたものです。

C++は未だに人気

C++はその深い歴史の中で数々の実績を積んできており、Google三大言語の一つに数えられるほど、未だに人気も高い言語です。開発案件もたくさんあるので、C++を身につけておけば、いろいろな場所で活躍することができるでしょう。

C++の学習は長期戦覚悟で・・

一方で、C++をマスターしようとなると、長い道のりになります。C++は、オブジェクト指向を取り入れた言語であり、C++自体の仕様も他の言語と比較して複雑です。また、メモリの扱い方など、コンピュータの基本知識についても身につける必要があります。実際にC++でプログラミングするときは、メモリを適切に取り扱うように常々考える必要があります。

しかし、逆に言えばC++を理解することは、コンピュータの知識を理解することに直結し、ただプログラミング言語を学ぶだけでは得られないような知識も得ることができます。したがって、プログラミングの知識に留まらず、コンピュータの基本からじっくり理解したい人はC++を学ぶことをおすすめします。

Scala

Scalaは2000年代前半に登場したプログラミング言語です。ScalaはJavaの後継言語であるとも言われており、Javaと同じようにJVMの上で動作します。

Scalaの特徴

Scalaの特徴はオブジェクト指向、関数型の2つの顔を持つところです。オブジェクト指向については、Javaと同じですが、関数型はJavaにはない概念です。関数型は最近になり注目されつつあるプログラミングのスタイルで、出来上がりのコードがシンプルになることから、保守性の高さがメリットとなっています。

Scalaの利用シーン

ScalaもWebアプリケーションや業務システム、デスクトップアプリケーションなど、利用場面は多岐にわたります。ソーシャルネットワーキングサービスの「Twitter」は、Scalaを用いて作られています。

Scalaの学習デメリット

一方でScala、ひいては関数型言語全体に言えることですが、コードがシンプルになる代わりに、関数型という概念自体のとっつきにくさがネックになっています。専門用語も多く、関数型プログラミングの理解には、相応の時間を要します。しかし、Scalaの需要自体は今後も増えていくことが予想されるので、学習しておいて損はないと言えるでしょう。