あなたはJavaでどのようなことができるのか、ご存じでしょうか。

今の世の中は、さまざまな情報システムに囲まれています。これらの情報システムは、プログラミング言語を用いて開発することで実現しています。プログラミング言語には、ものによってできることが異なっています。

今回は、定番となっているプログラミング言語「Java」で何が作れるのか、解説します。Javaの利用用途は幅広いため、一度Javaのプログラミングスキルを会得できれば、多方面の開発現場で活躍が期待できるでしょう。

Javaとは

Javaは1990年代に登場したプログラミング言語です。登場した年代こそ古いものの、現在でも多くの現場で使用されている言語でもあります。検索エンジン大手のGoogleが定める、Google三大言語の一つに数えられています。

Javaの特徴は、環境に縛られないというところです。例えば、WindowsとmacOSの2つで同じソフトウェアを開発しようと考えてみます。それぞれのOSは仕様が異なるため、それぞれのOSで別々のソースコードを書かなければなりません。これでは、手間がかかってしまいます。

Javaでは、JVM(Java仮想マシン)という、異なる環境下でも同じように取り扱うようにするための技術をあらかじめ導入しておきます。そして、Javaで記述したソースコードをJVMの上で動かします。これにより、異なるOSの間でも、共通のソースコードで同じ結果が出るようなプログラムを構築できるのです。

Javaでできること4選(何ができる?)

ここからは、Javaを使ってどのようなシステムを開発できるかについて説明します。

Androidアプリの開発

Javaは、Androidアプリの開発において多く利用されています。

Javaは、Androidの登場以前にも、業務系システムなどの開発で実績を数多く積んできており、資料も豊富です。GoogleやStack Overflowで検索すれば、大抵はヒットするくらい、ノウハウが蓄積されているため、開発で詰まることはほぼ無いでしょう。

また、求人の数で見ても、Androidの開発ではJavaを採用している例が多いため、これからIT業界に転職を考えている人も、求人で苦労することはほぼ無いと言えます。

業務系システムの開発

企業が業務を遂行するうえで利用するシステム(顧客管理、在庫管理、金融系など)についても、Javaが多く利用されています。

業務系システムの開発は、大規模になる傾向にあることから、何十人、何百人のエンジニアたちが一つのシステムを開発することになります。多人数での開発においては、開発効率が重要視されます。この開発効率は、個人の技術力もさることながら、採用するプログラミング言語によっても左右されます。

Javaはオブジェクト指向というプログラミングパラダイム(プログラミングする上での考え方)を採用しております。何かと敬遠されがちなオブジェクト指向ですが、容易に修正が可能であること、再利用が容易であるというメリットを秘めており、今日のプログラミングにおいて、スタンダードとなっている考え方です。

そのほか、多数のライブラリ、フレームワークがあり、それらが開発効率を大いに向上させています。このようなことから、Javaは業務系システムの開発において多く利用されているのです。

Webサービスの開発

Webサービスの開発においても、Javaが利用されていることが多いです。

今日において、Webサービスは日常生活に深く浸透しています。Webサービスでは、大きな負荷にも耐えて、安定かつスピーディに動作し続けるようにしなければなりません。

Webサービス開発で用いられるプログラミング言語はいくつかありますが、Javaは比較的実行速度が速いので、スピーディな動作が期待できます。また、堅牢性も持ち合わせているので、安定した動作も期待できます。

ソーシャルネットワーキングサービスの一つであるTwitterは、最初Ruby(厳密にはRuby on Rails)で作られましたが、より堅牢性のあるJavaに移行しました。これにより、膨大なつぶやきにも耐えられる強固なサービスに仕上がりました。

デスクトップアプリの開発

デスクトップアプリの開発においても、Javaが用いられることがあります。

「Javaとは?」の節でも述べたように、JavaはJVMを導入することでOSによらないアプリケーションの開発を可能にしました。それを生かして、Windows、macの両方で利用できるアプリケーションを開発することができ、双方のユーザー獲得に繋げられます。

主なアプリケーションとして、無料のオフィスソフトとして有名なOpen Officeや、統合開発環境であるEclipseなどがあります。

Javaは初心者に難しい?

Java 初心者に難しい?

Javaは、有名なプログラミング言語ですが、初心者が取得するには難しいプログラミング言語です。

Javaは、オブジェクト指向というプログラミングにおける考え方を採用しています。オブジェクト指向は、その概念自体のとっつきにくさが多くの初心者がつまずくポイントとなっています。この概念を理解して、かつコードに落とし込むことができるまでには、多くの経験が必要になります。

また、Javaには多くのライブラリやフレームワークがあり、それを習得する必要もあります。つまり、Javaの学習コストが高いということです。

もし、学習コストを抑えたいのであれば、Javaよりも比較的構文がシンプルで分かりやすいプログラミング言語を選ぶのが良いでしょう。Google三大言語の一つであるPythonはJavaと同じように多方面で利用されていて、かつ構文もシンプルであるため、初心者におすすめの言語になっています。

ほかにも、AndroidであればKotlin、Webサービスであれば、PHPやRubyも構文が比較的シンプルであるため、初心者におすすめのプログラミング言語ですね。

Javaを学ぶメリット・デメリット

Javaの学習メリットとデメリット

メリット

Javaを使うメリットには、主に5つ挙げられます。

  • オブジェクト指向型言語
  • 豊富なライブラリとAPI
  • 実行速度が速い
  • セキュリティ性が高い
  • 求人数が多い

オブジェクト指向型言語

1つ目のメリットは、オブジェクト指向を取り入れていることです。

オブジェクト指向とは、プログラミングにおける考え方の一つです。関連のあるデータ、処理をオブジェクトという単位にまとめて、そのオブジェクトたちの相互作用によってシステムを確立させるという考え方になります。

オブジェクト指向を活用する目的は、システム開発を効率よく進めることにあります。まず、オブジェクトごとに分割しているため、大人数による開発でも作業分担がしやすいというメリットがあります。

また、オブジェクトごとに役割を明確化しているため、保守性が高くなります。さらに、コードの再利用もしやすいこともオブジェクト指向の良いところです。

Javaは、オブジェクト指向を取り入れたこともあり、現在のシステム開発の現場において最も広く普及しているプログラミング言語として実績を積んできました。

豊富なライブラリとAPI

2つ目のメリットは、ライブラリ、APIが豊富に用意されていることです。

ライブラリ、APIは、システム開発において頻出する機能、便利な機能をまとめて1つのファイルに収めたもののことです。ライブラリ、APIを利用すれば、一から機能を実装することもなくなるのでシステム開発を効率よく進められます。

Javaでは、ライブラリ、APIが豊富に用意されています。目的に合わせて最適なライブラリ、APIを選択することで、余計な手間をかけずに済みます。

実行速度が速い

3つ目は、実行速度が速いことです。

プログラミング言語は、実行の仕方によって「コンパイラ」「インタプリタ」の二つに分類されます。Javaはコンパイラに分類されます。

コンパイラは、プログラムを実行する前に「コンパイル」という、コードを機械語に変換する作業を行います。プログラムを実行するときには、変換後のファイルにアクセスすることで実行されます。

一方、インタプリタはプログラムを実行するときに、コードを1行ずつ変換しながら実行していきます。つまり、実行している段階で変換という作業が伴います。

両者を比較すると、プログラムを実行しているときの速度はコンパイラのほうが速いです。したがって、Javaはインタプリタのプログラミング言語と比べて、実行速度が速いといえます。

セキュリティ性が高い

4つ目のメリットは、セキュリティ性が高いことです。

データの改ざん、盗聴といった脅威を防ぐために、セキュリティの高いシステムを構築することは、システム開発において重要な要素となっています。

Javaは、他のプログラミング言語と比べてもセキュリティ性が高いのが特徴です。

オブジェクト指向の話に戻るのですが、オブジェクト指向の要素の1つに「カプセル化」があります。これは、重要なデータを外部から容易にアクセスできないようにするための仕組みであり、カプセル化を施すことで、データの改ざん、盗聴を防ぐことができます。

この仕組みを利用すれば、データの改ざんに強い安定したシステムを構築できます。特に、金融系などの高いセキュリティ性が要求される分野では、Javaのような安定したシステムを構築できるプログラミング言語が重宝されます。

求人数が多い

5つ目のメリットは、求人数が多いことです。

Javaは、現在のIT業界において最も広く普及しているプログラミング言語です。デスクトップアプリケーション、企業が保有するシステム、Webサービス、スマホアプリなど、あらゆる分野で活躍しています。

言い換えれば、Javaを採用している求人の数が多いとも言えます。Javaプログラマーの平均年収は552万円程度と決して低くなく、しばらくはJavaの人気が衰えることはないでしょう。

ただし、後述しますがJavaは初心者にとって取得難易度が高いプログラミング言語といわれています。取得するまでには、多くの経験と時間が必要になることでしょう。

デメリット

一方、デメリットは以下の3つが主に挙げられます。

  • オブジェクト指向の理解が必要
  • 小規模なプログラム・システム開発に向いていない
  • 初心者には難易度が高い

オブジェクト指向の理解が必要

1つ目のデメリットは、オブジェクト指向の理解が必要であることです。

メリットでも挙げた通り、オブジェクト指向はシステム開発を効率よく進められることが特徴であると述べました。

しかし、オブジェクト指向では専門用語が頻出したり、直感では理解しがたい内容を含んでいたりと、プログラミング初心者が一目で理解できるとは言い難いです。

また、知識として理解しても実際にプログラミングスキルとして体得するには多くの経験が必要になります。最初の内は慣れるのに必死で逆に時間がかかってしまいがちです。

小規模なプログラム・システム開発に向いていない

2つ目のデメリットは、小規模なプログラム・システム開発には向いていないことです。

オブジェクト指向は、その特性上、大規模なプログラム・システム開発においてその真価を発揮します。一方で、小規模である場合は、オブジェクト指向の恩恵を受けにくいです。

プログラムが小規模であるならば、JavaよりもRuby、PHPを利用することをおすすめします。

初心者には難易度が高い

3つ目のデメリットは、初心者には難易度が高いことです。

オブジェクト指向を理解するのに時間がかかるほか、Java以外のプログラミング言語がシンプルに記述できることが多いため、相対的にみるとJavaは取得難易度が高く見えてしまいます。

Javaのおすすめ学習方法は?

Javaおすすめの学習方法

結論はスクールで。
スクールをおすすめする理由(スクールはどういうメリットがある?)
こんな人は~だけど、こんな人はスクールがいいよ、的な説明。
Javaを学ぶおすすめのスクールは~。
内部リンク。