この記事ではテックアカデミーで学べる言語と、おすすめのコースについて解説しています。

テックアカデミーでは9のプログラミング言語が学べます。各プログラミング言語が対応しているコースと、そのコース内容について詳しく書いているので、テックアカデミーでの学習を考えているあなたは以下の内容を参考にしてみて下さい。

テックアカデミーで学べる言語一覧

テックアカデミーで学べる言語

テックアカデミーで学べる言語は次のとおりです。

言語 対応コース
Ruby Webアプリケーションコース
PHP
  • PHP/Laravelコース
  • WordPressコース
  • はじめてのプログラミングコース
JavaScript
  • フロントエンドコース
  • Node.jsコース
Python
  • Pythonコース
  • AIコース
Swift iPhoneアプリコース
Kotlin Androidアプリコース
Unity Unityコース
Java Javaコース
Scala Scalaコース

上の表を見ての通り、基本的には一つの言語:1コースで対応しています。

PHPとJavaScript、Pythonに関しては複数の言語が対応していますが、それぞれの言語を専門的に学びたければ、

  • PHPは、PHP/Laravelコース
  • JavaScriptは、フロントエンドコース
  • Pythonは、Pythonコース

を選ぶのがおすすめです。理由としては、他のコース(PHPなら、「WordPressコース」と「はじめてのプログラミングコース」)はその言語の特徴一部分を取り上げた学習内容だったり、内容の”基礎の基礎”にした学習内容だったりするからです。

管理人

少し分かりづらかったかもしれませんが、以下の内容を見ていけばコースの具体的な特徴を理解できるので、この時点では半分理解でOKです。

テックアカデミーのコースと学べる言語対応表

テックアカデミーでは全部で14のコースを用意しています。

次の表では、テックアカデミーが用意しているコースと学べる言語・おすすめの人を掲載しています。

コース名 おすすめの人 主に学べる言語 詳細
Webアプリケーションコース RubyでWeb開発したい人 Ruby リンク
PHP/Laravelコース PHPでWeb開発したい人 PHP リンク
フロントエンドコース フロントエンドエンジニアになりたい人 JavaScript リンク
WordPressコース WordPressでサイト制作したい人 PHP リンク
iPhoneアプリコース iPhoneアプリの開発者になりたい人 Swift リンク
Androidアプリコース Androidアプリの開発者になりたい人 Kotlin リンク
Unityコース ゲーム開発エンジニアになりたい人 Unity リンク
はじめてのプログラミングコース プログラミングの基礎を勉強したい人 PHP リンク
ブロックチェーンコース 将来性のあるブロックチェーンを勉強したい人  – リンク
スマートコントラクトコース 将来性のあるスマートコントラクトを勉強したい人  – リンク
AIコース AI(人工知能)を勉強したい人 Python リンク
Pythonコース 機械学習エンジニアになりたい人 Python リンク
Scalaコース ScalaでWebアプリを開発したい人 Scala リンク
Node.jsコース Node.jsでWebサイトを制作したい人 JavaScript リンク
管理人

以下で各コースの特徴を紹介しますね

各コースの特徴と料金

各コースの特徴と料金

ここからは、テックアカデミーが開講しているコースの特徴と料金を一つずつ紹介します。

Webアプリケーションコース

webアプリケーションコース

学習する言語と身につくスキル Ruby/Ruby on Rails、HTML5/CSS3、SQL、Git/GitHub、Bootstrap、Heroku
料金プラン
  • 4週間プラン・・社会人149,000円 / 学生129,000円
  • 8週間プラン・・社会人199,000円 / 学生159,000円
  • 12週間プラン・・社会人249,000円 / 学生189,000円
  • 16週間プラン・・社会人299,000円 / 学生219,000円

Webアプリケーションコースでは、Ruby on Rails、HTMLなどを利用したWebアプリケーションの開発について学習できます。最終課題では、TwitterのクローンアプリやオリジナルのWebサービスなどを自身で開発していきます。

料金プランが学習期間ごとに4つ設けられており、4週間プランでは社会人149,000円、8週間プランでは社会人199,000円、12週間では社会人249,000円、16週間では社会人299,000円となります。プランを比較してみると、学習期間が長いほうが1日ごとの学習時間が短く、料金としてはお得になります。

Webアプリケーションコースは、Rubyを使ったWeb開発について学びたいと考えている人におすすめです。

⇒Webアプリケーションコース 詳細はこちら

PHP/Laravelコース

PHPコース

学習する言語と身につくスキル PHP/Laravel、HTML5/CSS3、SQL、Git/GitHub、Bootstrap、Heroku
料金プラン
  • 4週間プラン・・社会人149,000円 / 学生129,000円
  • 8週間プラン・・社会人199,000円 / 学生159,000円
  • 12週間プラン・・社会人249,000円 / 学生189,000円
  • 16週間プラン・・社会人299,000円 / 学生219,000円

PHP/Laravelコースでは、その名の通り、PHP、そのフレームワークであるLaravelを利用したオリジナルのWebサービスの開発について学べます。ほかに、HTMLやSQLなどの周辺知識も併せて学びます。PHPは、Rubyと並んでWeb開発では広く利用されているため、PHPを覚えれば、大きな活躍が期待できます。

料金は、Webアプリケーションコースと同じで、4つのプランが用意されており、それぞれ149,000円(4週間プラン)、199,000円(8週間プラン)、249,000円(12週間)、299,000円(16週間)となります。

PHP/Laravelコースは、PHPを使ったWeb開発について学習したい人におすすめのコースです!

⇒PHP/Laravelコース 詳細はこちら

フロントエンドコース

フロントエンドコース

学習する言語と身につくスキル JavaScript/jQuery、HTML5/CSS3、Vue.js、Web API、Bootstrap、Firebase、サーバー
料金プラン
  • 4週間プラン・・社会人149,000円 / 学生129,000円
  • 8週間プラン・・社会人199,000円 / 学生159,000円
  • 12週間プラン・・社会人249,000円 / 学生189,000円
  • 16週間プラン・・社会人299,000円 / 学生219,000円

フロントエンドコースでは、Web開発の中でもフロントエンドに特化しており、JavaScriptのライブラリであるjQueryを使いこなしてWebサービスを開発するためのスキルを身につけていきます。

学べるプログラミング言語も上の2つのコース(Webアプリケーションコース、PHP/Laravelコース)とは違い、フロントエンドで利用されるHTMLやCSS、JavaScript、その他周辺のライブラリやフレームワークに限定されています。

料金については、PHP/Laravelコースなどと同じ構成になっております。

フロントエンドコースは、Web開発の中でも特に、フロントエンドエンジニアを目指したい人向けのコースと言えますね。

⇒フロントエンドコース 詳細はこちら

WordPressコース

wordpressコース

学習する言語と身につくスキル WordPress、HTML5/CSS3、PHP、サーバー
料金プラン
  • 4週間プラン・・社会人149,000円 / 学生129,000円
  • 8週間プラン・・社会人199,000円 / 学生159,000円
  • 12週間プラン・・社会人249,000円 / 学生189,000円
  • 16週間プラン・・社会人299,000円 / 学生219,000円

WordPressコースでは、WordPressを利用したWebページ制作について学ぶことができます。※WordPressとは、PHPで開発されたブログ制作のためのソフトウェアのことをいいます。

WordPressは、通常のサイト制作とは違い、記事の更新が楽でスピーディであることなどから、効率的にサイト制作する方法が学べます。また、WordPressのカスタマイズ方法を知ることで、必然的にHTMLやCSS、PHPについても理解することができます。

WordPressを利用して、効率的にサイト制作したい人におすすめのコースです。

⇒WordPressコース 詳細はこちら

iPhoneアプリコース

iphoneアプリコース

学習する言語と身につくスキル Swift、Xcode、Git/GitHub、Firebase
料金プラン
  • 4週間プラン・・社会人149,000円 / 学生129,000円
  • 8週間プラン・・社会人199,000円 / 学生159,000円
  • 12週間プラン・・社会人249,000円 / 学生189,000円
  • 16週間プラン・・社会人299,000円 / 学生219,000円

iPhoneアプリコースでは、iPhoneアプリの開発について学ぶことができます。

iPhoneアプリ開発で近年多く利用され始めているプログラミング言語「Swift」をベースに、XcodeやGithubなどの開発をサポートするツールの使い方を、いくつかの課題を通して学んでいきます。

具体的には、タスク管理アプリやInstagramのクローンアプリ、アクションゲームアプリなどがあります。担当の講師も、現役のiPhoneアプリ開発のエンジニアがつきますので、丁寧な指導をしてくれます。

もし、iPhoneアプリ開発者としてこれから活躍したいと考えている人は、うってつけのコースといえます。

⇒iPhoneアプリコース 詳細はこちら

Androidアプリコース

androidアプリコース

学習する言語と身につくスキル Kotlin、Android Studio、Git/GitHub、Firebase
料金プラン
  • 4週間プラン・・社会人149,000円 / 学生129,000円
  • 8週間プラン・・社会人199,000円 / 学生159,000円
  • 12週間プラン・・社会人249,000円 / 学生189,000円
  • 16週間プラン・・社会人299,000円 / 学生219,000円

Androidアプリコースでは、Androidで動くアプリの開発手法について学ぶことができます。

Androidアプリコースも、最近になってAndroid開発で利用され始めているプログラミング言語「Kotlin」のプログラミングスキル取得をベースとして、Android StudioやGithubなどの開発環境、その使い方について、制作課題を通して学んでいきます。

制作課題では、アクションゲームやタスク管理アプリ、質問と回答を書き込めるアプリ、さらには自分でオリジナルのアプリを制作し、最終的にはGoogle Playで公開します。

Android開発エンジニアになって、アプリを作成したい人はAndroidアプリコースを学ぶことをおすすめします。

⇒Androidアプリコース 詳細はこちら

Unityコース

unityコース

学習する言語と身につくスキル Unity、C#、Git/GitHub
料金プラン
  • 4週間プラン・・社会人149,000円 / 学生129,000円
  • 8週間プラン・・社会人199,000円 / 学生159,000円
  • 12週間プラン・・社会人249,000円 / 学生189,000円
  • 16週間プラン・・社会人299,000円 / 学生219,000円

Unityとは、ゲーム開発で利用されている開発プラットフォームのことです。Unityコースでは、このUnityを使った、さまざまなゲームの開発手法について学んでいきます。

また、ゲームを動作させるために必要なスクリプトを記述するために、プログラミング言語「C#」のプログラミングスキルについても併せて学んでいきます。

制作課題ではもちろんゲームを開発します。2Dのゲームや3Dのゲーム、また自分でアイデアをひねり出し、オリジナルのゲームを作成します。最終的には、作成したゲームをリリース、公開するまでを目標とします。

ゲーム開発エンジニアとして、ゲームを作ってみたいと夢見ている人におすすめのコースですね。

⇒Unityコース 詳細はこちら

はじめてのプログラミングコース

はじめてのプログラミングコース

学習する言語と身につくスキル HTML/CSS、PHP、データベース、プログラムへの理解、インターネットへの理解、開発フローと業種への理解
料金プラン
  • 4週間プラン・・社会人109,000円 / 学生99,000円
  • 8週間プラン・・社会人139,000円 / 学生119,000円
  • 12週間プラン・・社会人169,000円 / 学生139,000円
  • 16週間プラン・・社会人199,000円 / 学生159,000円

はじめてのプログラミングコースでは、その名の通り、まだプログラミングについて未経験の人向けに、簡単なWebサイトの制作を通して、プログラミングの仕組みなどの基礎的な部分について学習していきます。

学ぶプログラミング言語はPHPをベースに、HTML、CSSも併せて学びます。PHPをマスターするというよりは、PHPを通して、アルゴリズムや作法など、言語に関わらずプログラミングすることで必要となるスキルを身につけることに重きをおいています。

はじめてのプログラミングコースは、ほかのコースよりも料金が安くされています。4つのプランがあることは変わらずに、学習期間が短い方から109,000円、139,000円、169,000円、199,000円となっています。

まずは、プログラミングの仕組みについてしっかり理解したいのであれば、このコースを受講すると良いかも知れません。

⇒はじめてのプログラミングコース 詳細はこちら

◆関連記事

ブロックチェーンコース

ブロックチェーンコース

学習する言語と身につくスキル ブロックチェーン技術の基礎、仮想通貨の仕組みの理解、ブロックチェーンのセキュリティ、ブロックチェーンの活用方法
料金プラン
  • 4週間プラン・・149,000円
  • 8週間プラン・・199,000円
  • 12週間プラン・・249,000円

ブロックチェーンとは、最近話題になっている「仮想通貨」の中核を支える技術のことで、改ざんに強い耐性を持ち、高いセキュリティを実現されています。

ブロックチェーンコースでは、このブロックチェーンの仕組みについて学習していき、それを利用した仮想通貨の仕組み、セキュリティ、ビジネスでの活用方法についても学習していきます。

ブロックチェーンコースには、3つのプラン(4週間プラン、8週間プラン、12週間プラン)が用意されており、それぞれ料金は149,000円、199,000円、249,000円となっています。

ブロックチェーンは比較的新しい技術であり、知識を身につけていれば周りと大きな差をつけることができます。また、仮想通貨業界で活躍したいと考えている人にも是非オススメしたいコースといえますね。

⇒ブロックチェーンコース 詳細はこちら

スマートコントラクトコース

スマートコントラクトコース

学習する言語と身につくスキル Geth(Ethereumクライアント)、Solidity
料金プラン
  • 4週間プラン・・149,000円
  • 8週間プラン・・199,000円
  • 12週間プラン・・249,000円

スマートコントラクトとは、直訳すれば契約のスマート化契約の自動化ととらえることができます。自動販売機を例に取ると、利用者がお金を投入し、商品のボタンを押すことで、自動的に売買契約が成立しますよね。

このように、スマートコントラクトは契約を自動的に処理するための技術のことを指します。

スマートコントラクトは、上で説明したブロックチェーンと併せて利用され、売買契約の信憑性を担保できたり、契約の際のコストを抑えることができたりと、多くのメリットを含んでいます。

スマートコントラクトコースでは、ブロックチェーンの仕組みの理解と併せて、スマートコントラクトの仕組みについて理解していき、いくつかのシステム作成を通してスキルを身につけていきます。

プランは3つ用意されており(4週間、8週間、12週間)、それぞれ料金は149,000円、199,000円、249,000円となっています。

こちらも将来性のある技術を勉強したい人に向いています。

⇒スマートコントラクトコース 詳細はこちら

AIコース

AIコース

学習する言語と身につくスキル Python、Pandas、scikit-learn、Keras、TensorFlow
料金プラン 4週間プラン・・社会人149,000円 / 学生129,000円

8週間プラン・・社会人199,000円 / 学生159,000円

12週間プラン・・社会人249,000円 / 学生189,000円

16週間プラン・・社会人299,000円 / 学生219,000円

AIコースでは、機械学習やディープラーニングなどの人工知能の仕組みについて、課題を通して学んでいきます。

実に幅広いケースについて取り扱っており、教師あり学習や教師なし学習を利用した回帰モデル作成やクラスタリング、自然言語処理を利用した評価の分析、画像認識などの制作課題をこなしていきます。

また、プログラミング言語Pythonをベースに、機械学習で利用されるライブラリなどを利用したプログラミングスキルについても学ぶことができます。

プランや料金は、Webアプリケーションコースと同じものになっています。Pythonだけでなく、AI(人工知能)もしっかり勉強したい人におすすめのコースです。

⇒AIコース 詳細はこちら

Pythonコース

pythonコース

学習する言語と身につくスキル Python、機械学習
料金プラン
  • 4週間プラン・・社会人149,000円 / 学生129,000円
  • 8週間プラン・・社会人199,000円 / 学生159,000円
  • 12週間プラン・・社会人249,000円 / 学生189,000円
  • 16週間プラン・・社会人299,000円 / 学生219,000円

Pythonコースでは、プログラミング言語Pythonによるプログラミングスキルを、いくつかの課題を通して学んでいきます。課題は、画像認識を利用した犬と猫の判別、データセットから花の種類の判別、住宅価格やビットコインの分析と予測といったものがあります。

現役のPythonエンジニアが担当講師としてつき、不明点について丁寧に説明してくれます。

このPythonコースは、前述したAIコースとのセットで受講することが可能です。もし、機械学習エンジニアとして活躍したいのであれば、セットでコースを受講することでより確実にスキルを取得できるのでおすすめですよ。

⇒Pythonコース 詳細はこちら

Scalaコース

scalaコース

学習する言語と身につくスキル Scala、HTML5/CSS3、SQL、Git/GitHub、Bootstrap、Play Framework
料金プラン
  • 4週間プラン・・149,000円
  • 8週間プラン・・199,000円
  • 12週間プラン・・249,000円

Scalaとは、プログラミング言語の一つで「関数型言語」と呼ばれるプログラミングのスタイルに代表されるプログラミング言語でもあります。

Scalaコースでは、Scalaを利用したWebアプリケーションの開発手法について学習していきます。また、Scala、Javaに対応したフレームワークのPlay Frameworkを利用した、より効率的なWeb開発の手法についても学んでいきます。

プランは3つ(4週間、8週間、12週間)設定されています。料金はそれぞれ149,000円、199,000円、249,000円となっています。

Scalaを使ったWebアプリを開発したい人におすすめのコースです。

⇒Scalaコース 詳細はこちら

Node.jsコース

nodejsコース

学習する言語と身につくスキル Node.js、Express、HTML5/CSS3
料金プラン
  • 4週間プラン・・149,000円
  • 8週間プラン・・199,000円
  • 12週間プラン・・249,000円

Node.jsとは、簡単に言えばサーバーサイドで動作するJavaScriptのことを言います。

今まで、ブラウザ上で動作するスクリプト言語として利用されていたJavaScriptですが、Node.jsの登場により、サーバーサイドの開発としてJavaScriptを利用することができるようになりました。

Node.jsコースでは、Node.jsとそのフレームワークであるExpressを使った、効率良いWeb開発の手法について学習していきます。制作課題では、Node.jsを利用した掲示板サイトの作成、LINE風のチャットアプリなどを作成していきます。

プランはScalaコースと同じ3つ用意されており、料金も149,000円、199,000円、249,000円で変わりありません。

Node.jsを使ったWebサイトを制作したい人におすすめです。

⇒Node.jsコース 詳細はこちら

テックアカデミーの必要な学習時間目安

確保すべき学習時間の目安は、どのプランを選ぶかによって変わってきます。

プラン 学習時間の目安(週)
4週間プラン 20~40時間
8週間プラン 10~20時間
12週間プラン 7~14時間
16週間プラン 5~10時間

4ヵ月学習する16週間プランなら、週に5〜10時間を確保すればいいので、忙しい社会人でも学習できますね。

管理人

ただ、どのプランを選んでも勉強する内容は一緒(同じカリキュラム)です。

でも期間が長くなるほど料金は高くなるので、できるだけ短期集中で学習するのがおすすめです。

4週間プランなら平日2時間、土日7時間以上確保すれば、なんとか終わるレベルです。

テックアカデミーは何週間プランがいい?

テックアカデミー何週間プランがいい?

口コミを見ていると、

  • 時間に余裕がある人は、4週間もしくは8週間プラン
  • ゆっくり学びたい人は、12週間もしくは16週間プラン

を選ぶのがいいです。

プラン選び早見表

プラン 確保したい学習時間
平日 土日祝
4週間プラン 2時間以上 7時間以上
8週間プラン 1時間以上 5時間以上
12週間プラン 5時間以上
16週間プラン 3時間以上

期間は延長できる?

テックアカデミーは、学習期間を延長できます

ただし、延長料金として最低でも60,000円かかるので、できるだけ延長しないように学習期間中は計画的に、勉強を進めることをおすすめします。

管理人

一方で、テックアカデミーは契約後、短いプランに変更することができません

要は、8週間プランで契約して、「やっぱり4週間で充分だったなあ・・」となった場合、4週間プランに変更できないということです。

そのためできるだけ出費を抑えたければ、短い期間のプランで契約し、学習期間が始まったら、とにかく延長しないように気合を入れて短期集中で勉強する!とした方がいいです。

【タイプ別で選ぶ】テックアカデミーのおすすめコース

テックアカデミーのおすすめのコース

ここまで各コースの特徴を取り上げましたが、すでに学びたい言語が決まっているあなたは、その言語が学べるコースを選んで下さい。

まだ学べたい言語がない・どの言語を学べばいいかわからないあなたは、次の内容を参考にしてください。<タイプ別>で選ぶテックアカデミーのおすすめのコースです。

プログラミングの基礎を身につけたい

基礎を身につけたい人は「はじめてのプログラミングコース」をおすすめします。

理由としては、プログラミングの基礎から学習できるコンテンツ内容になってますし、難易度が比較的低いプログラミング言語である「PHP」を学習できるからです。

ただ内容が本当に基礎なので、テックアカデミーでプログラミングを学習して、エンジニアになりたい!という人にはおすすめしません。

どっちかというと、コードを書く量よりも読む量が多いので、現場で働ける「実践的な力」がつきにくいからです。本当に基礎の基礎を勉強したい人以外は、「はじめてのプログラミングコース」はおすすめしませんよ。

未経験からエンジニア転職・フリーランスになりたい

未経験からエンジニアに転職したり、フリーランスを目指したい人は「PHP/Laravelコース」がおすすめです。

おすすめの理由はPHPは他の言語に比べて転職の求人数が多いし、フリーランスの案件も多いです。

フリーランスに関しては在宅でできる案件も多いので、ノマド的な働き方をしたい人におすすめです。

またPHPの習得難易度はそこまで高くありません(初心者に優しい言語)。

未経験からエンジニア転職するときはポートフォリオの作成をするのが近道ですが、PHPで簡単なWebサイトを作れば立派なポートフォリオです。2~3ヵ月真面目に学習すればプログラミング初心者でも、簡単なWebサイトを作れるレベルまで達します。

一方、PHPのデメリットはスマホアプリやAI・機械学習などができないこと。そのため、スマホアプリ開発やAI・機械学習に興味がないならPHP一択(PHP/Laravelコースを選ぶ)のがおすすめです。

⇒PHP/Laravelコース 詳細はこちら