この記事では、ポテパンキャンプの特徴(メリット・デメリットなど)をまとめています。

ポテパンキャンプで学べる言語や就職先、30代でも入れるか、働きながら学習できるかなども書いています。

プログラミングスクール選びで後悔したくないあなたは、入会を決める前にポテパンキャンプの特徴を把握しておきましょう!

ポテパンキャンプで学ぶデメリット

まずは、ポテパンキャンプで学ぶデメリットを2つご紹介します。

就職が前提

1つ目のデメリットは、就職が前提であるということです。

ポテパンキャンプは最終的に転職、またはフリーランスになることが前提となっています。プログラミングについて学びたいけど就職は特に考えていないのであれば、ポテパンキャンプを受けることができませんので、ほかのプログラミングスクールを選ぶようにしましょう。

30代・40代が少ない

2つ目のデメリットは、30代、40代の受講者が少ないということです。

ポテパンキャンプの受講者のおよそ9割が20代となっています。

しかし、ポテパンキャンプを利用する際の年齢制限は設けられていないので、受けようと思えば受けることは可能です。実際、30代の人が転職成功した実績もあり、30代以降でも転職成功するためのノウハウなどが蓄積されています。

ITの転職においては、30代以降の人は不利という傾向があるゆえ、転職支援付きのプログラミングスクールでは、20代のみ利用可能といった制限がある中で、30代以降も利用可能なプログラミングスクールは大変貴重です。

もし、30代以降であってプログラミングの仕事に就きたいと考えている人は利用をおすすめします。

ポテパンキャンプで学ぶメリット

次にポテパンキャンプで学ぶメリットを3つ説明します。

現役エンジニアが教えてくれる

1つ目のメリットは、現役のエンジニアから教わることができるということです。

プログラミングについて教えるので、当然といえば当然かもしれませんね。現役のエンジニアと言っても、最初は初心者としてそこからたくさん勉強したのですから、初心者がどの部分でつまづくのか、そしてその部分をどのように分かりやすく教えることができるのかについて熟知しています。

そのため、受講者は気兼ねなく分からないところを質問することができます。むしろ、現役のエンジニアからたくさんのノウハウを引き出すために、たくさん疑問点を挙げて質問するくらいが良いですね。

実際の現場で先輩エンジニアから教わる前に、プログラミングスクールで現役のエンジニアから教わるというのは貴重な機会です。限られた時間の中でよりたくさんの知識を身に着けるためにも、たくさん質問することを常に意識しましょう。

就職支援を前提としている

2つ目は、就職支援があることです。

ポテパンキャンプは、エンジニアとしての転職成功を前提としています。コースを受講し終えた後に、自身の進みたいキャリアに合わせた支援サービスに登録をして、さらにキャリアカウンセラーの指導を受けながら、転職活動することになります。

支援サービスには、転職を考えている人向けに提供されている転職サポートサービスのポテパンキャリアのほかに、フリーランスを考えている人向けに、案件を紹介してくれるサービスのポテパンフリーランスがあります。フリーランス向けの支援があるプログラミングスクールはそれほど多くないので貴重ですね。

また、キャリアカウンセラーは経験豊富な人たちをそろえており、ITという広大な市場で必要とされているニーズを掴んでおり、受講者に対しニーズの高いエンジニアとなるためのキャリア指導が可能です。これにより、仕事がなくなってしまうという事態を回避できるのです。

受講料のキャッシュバックがある

3つ目は、受講料のキャッシュバックがあるということです。

ポテパンキャンプが開講している選抜クラスコースの受講料金は、ビギナーコースが300,000円、キャリアコースが250,000円となっています。しかし、ポテパンキャンプを経由して転職先が決まったのであれば、その受講料金の全額がキャッシュバックされます。つまり、転職が成功すれば実質無料でプログラミングスクールを利用したことになります。

プログラミングスクールを選ぶうえでお金をどれくらい費やすかは、誰しも考えることではないでしょうか。しっかりお金を払うプログラミングスクールもあれば、無料で転職サポートまで受けることが可能なプログラミングスクールもあります。

ポテパンキャンプは、最初こそお金を払う必要がありますが転職成功すれば実質タダで受けたことになりますので、費用を抑えたい人は大きなメリットといえるでしょう。ただし、ポテパンキャンプが紹介した企業に転職できた場合に限るということに注意してください。

 

ポテパンキャンプのコース内容と料金

ここからは、ポテパンキャンプが開講している3つのコースの内容や料金について、説明していきます。

選抜クラスキャリアコース

1つ目は、選抜クラスキャリアコースです。

このコースは、すでにWeb開発の基礎的な部分を学習している人向けのコースです。コース内容は実践的で、Ruby on Railsを使って複数のアプリケーションを開発していきます。その開発の中で、現役のエンジニアの講師からレビューを都度受けていくことで、ただ開発できるだけでなく、保守を意識した開発スキルが身につくのが特徴です。

アプリケーションは一度作ったら終わりではなく、生涯にわたりメンテナンスをしていくことになります。いろんな人がソースコードを見ることになるので、誰でも保守しやすくなるように実装する必要があるのです。

学習期間は3カ月(13週)、料金は250,000円です。この料金については、先ほども言ったようにポテパンキャンプで転職した場合にキャッシュバックされます。

選抜クラスビギナーコース

2つ目は、選抜クラスビギナーコースです。

こちらのコースは、おもに独学によってWeb開発の基礎的内容を理解している人に向けて提供されています。キャリアコースの内容に加えて、Ruby on Railsのチュートリアル的内容について学習するカリキュラムがあります。

Ruby on Railsの勉強では、動画による解説がメインとなっておりとても分かりやすい仕上がりになっています。

こちらのコースの学習期間は、キャリアコースの3か月間とRuby on Railsの学習1か月間を合わせて、合計4か月間(17週)で、料金は300,000円となっています。こちらも、ポテパンキャンプ経由で転職した場合にキャッシュバックされます。

オープンクラス

3つ目は、オープンクラスです。

こちらは、これからプログラミングについて学びたい人や、基礎を身につけたい人と言った、プログラミング初心者に向けたコースです。

Web開発において必要な知識について全体的に学習して、最終的にはWebアプリの開発を行ってきます。Ruby on Railsの学習では、ビギナークラスでもあったように、動画教材によるチュートリアルを進めて行くことになるので、スムーズに学習することができます。

また、実践課題もあり、講師のレビューを受けながらエラーが起きないアプリケーションをゼロから作成していきます。基礎的な内容ではありますが、このコースを学べば、現場でどのようにWeb開発が行われているか、その雰囲気を掴むことができます。

期間は2カ月(9週)で、料金は150,000円となっています。

ポテパンキャンプの料金支払い方法は?

料金の支払い方法は、銀行振り込みかクレジットカード払いのどちらかです。

分割払いはできる?

できないです。ポテパンキャンプでは一括払いのみの対応なので注意しましょう。

金銭的に、どうしても分割払いしか払えない場合は、ポテパンキャンプではなくテックキャンプエンジニア転職がおすすめです。同じようなカリキュラムで分割払いにも対応しているからです。

ポテパンキャンプで学べる言語は?

ポテパンキャンプでは、Ruby(Ruby on Rails)をメインにHTMLやJavaScriptなど、さまざまなプログラミング言語を学びます。

Rubyは、おもにWeb開発で利用されている国産のプログラミング言語です。現在、Rubyを採用している案件は増えてきています。また、Web系の案件は単価が高いところも多く、リモートワークといったような多様な働き方ができるところも多いです。

また、ポテパンキャンプはRubyを採用している企業を多くカバーしているので、ポテパンキャンプでRubyを勉強していれば、ほぼ確実に内定できるでしょう。

ポテパンキャンプ卒業生の就職先は?

卒業生の就職先
  • オウチーノ
  • IBJ
  • Ready for
  • SAKURA internet
  • Jiraffe
  • anydooR
  • BitStar
  • iDoctor,inc

    >>ポテパンキャンプ卒業生のインタビュー(公式サイト)

    ポテパンキャンプは30代でも入れる?

    ポテパンキャンプは、30代でも受講可能です。

    ポテパンキャンプでは、受講する際の年齢制限を設けておらず、30代でも利用可能なプログラミングスクールになっています。実際に、30代でかつプログラミング未経験の人がポテパンキャンプを経由して、エンジニアとして転職を成功させた実績があります。

    しかし、30代以降の人は転職市場において20代よりも不利な立場にいる傾向があるのは事実です。もし、プログラミングスクールなどを利用せず、独自で転職活動するのであれば、険しい道のりになるのは避けられないでしょう。

    しかし、ポテパンキャンプを利用し、出された課題をそつなくこなすことができれば、30代以降の人でも、転職成功のチャンスはあります。要は、企業が採用したくなるようなスキルをしっかり身につけることができるかが重要なのです。

    ポテパンキャンプは働きながら学習できる?

    ポテパンキャンプなら、働きながら学習できます!

    ポテパンキャンプで学んでいる受講者のうち半数近くが、働きながら学習しています。

    勉強時間はどれくらい確保すべき?

    週に15~20時間は確保したいです。週15~20時間ぐらい確保できれば、ある程度は学習について行けると思って大丈夫です。

    ポテパンキャンプは自前のパソコンが必要?

    ポテパンキャンプを利用する際は、自前のパソコン(Mac)が必要となります。

    Macは、Web開発においても使用率が高いです。また、Web開発に必要な環境が標準で装備されており、Web開発との相性が良いことが、Macで受講する利用として挙げられています。

    プログラミング初心者でもエンジニア就職できる?

    プログラミング初心者でも未経験からエンジニア就職できます!事実、90%の人が未経験からWEBエンジニアに就職しています。

    ただし就職する際は求人が東京に偏っている点は注意しましょう。地方でも求人紹介はできますが、ほとんどが東京の求人なので、ポテパンキャンプで学習するからには東京の会社に就職すると思ったほうがいいです。