この記事では、プログラミングスクールに入る前にあらかじめやっておくべきことについて説明しています。

この記事を読むことで、プログラミングスクールを利用する前に、自身で何をすべきなのかが分かるようになります。

プログラミングスクールでは無駄なく充実した時間が過ごせるようになりたいと思っている人も、この記事を読めばプログラミングスクールでスムーズにプログラミングスキルを取得できること間違いなしです。

プログラミングスクール入る前にやるべきこと

プログラミングスクールに入る前に何をやらないといけないかについて説明します。

目標を決める

まずは、目標を決めることです。

あなたがプログラミングスクールを利用するからには、プログラミングについて学習し、プログラミングスキルを取得したいと思っていることでしょう。ではなぜ、プログラミングスキルを取得したいのでしょうか。プログラミングスキルを取得して、最終的に自身をどうしたいのか。まずは、これを意識することから始めましょう。

これを意識しておかないと、何のプログラミング言語を学べばよいのか、それ以外に何を学べばよいのか、自身とマッチしたプログラミングスクールがどこなのか、これらのことが判断できません。

目標というのは、例えば「エンジニアとして転職したい」や「自分で何かしらのサービスをつくってみたい」といったようなことです。そして、そこからどのプログラミング言語を学び、どのプログラミングスクールに通えばよいのか考えます。スマートフォンアプリを開発したければ、その分野において広く利用されているプログラミング言語が学べるプログラミングスクールを選ぶ、といった感じです。

パソコン操作に慣れる

当然の話ですが、プログラミングをするにはパソコンが必要です。今までパソコンに触れる機会がなかった人は、これを機にパソコンの操作に慣れておく必要があるでしょう。

パソコンの操作とは、例えばクリックやダブルクリック、ドラッグ・アンド・ドロップといったマウスの操作、ブラインドタッチという、キーボードを直視せずに画面を見ながら文字を打つ操作などです。特にブラインドタッチは今のうちに慣れておけばより高速に文字を打つことができ、作業の高速化につながります。

また、キーボードショートカットというマウスを使わずに画面の操作などができるコマンドのようなものも覚えておくと良いでしょう。例えば、テキストファイルを保存するときには、「ファイル」から「上書き保存」とマウス操作するところを、キーボードの「Ctrl」キーと「S」キーの同時押し(Macであれば「command」キーと「S」キーの同時押し)で代替可能です。

ショートカットも覚えて且つ使い慣れておけば作業効率も上がるのでおすすめですよ。

基礎学習

プログラミングスクールに入ってから勉強するのも良いですが、基礎学習は自身でもできるはずです。プログラミングスクールに入る前に、理解できそうなところだけでも良いので予習しておくようにしましょう。

プログラミングスクールに入ってからでも、1から学習することにはなりますが、予習しておけばよりスムーズに学習は進むことでしょう。

また、基礎学習においてわからない点があればメモするなどしてプログラミングスクールに入ってから、講師に質問すれば、やはりスムーズに学習は進みます。プログラミングスクールに入ってから大量に疑問点が出て逼迫しないためにも、事前の予習はしておいて損はないでしょう。

基礎学習でプログラミングの向き不向きのチェックもできる

この基礎学習は、自身がプログラミングの適性にあっているかをチェックすることもできます。

プログラミングに向いている人もいれば、向いていない人もいます。プログラミングスクールに入ったあとで、「自分にはプログラミング向いていないなー」と思ったところで、受講料金を払ってしまっては、元も子もありません。

また、「分からない点が多いから、自分はプログラミングに向いていないのかな」と考えてしまう人がときどきいますが、むしろ分からない点が多いのは当然の反応です。

プログラミングの勉強をするうえで、何の疑問もなく課題をクリアすることはまず無いです。何かしらエラーを引き起こして満足の行く結果を得られず、幾多の試行錯誤をしてやっと結果が出るのが、プログラミングの正解では日常と言っても良いくらいです。

確かに、分からない点が多く出てくると気負いしてしまいがちですが、そこはプログラミングスクールに所属する現役のエンジニアのベテラン講師が懇切丁寧に指導してくれます。ベテランであるゆえ、初心者がどのような点でつまずくのか、それに対してどのようにわかりやすく教えられるかを心得ているからです。

ですので、分からない点が出てくることは当然のことと捉え、いっぱい疑問点を出して質問する準備をしておくと良いでしょう。

貯金(離職して勉強する場合)

もし、離職してからプログラミングスクールに通おうと考えている人は、貯金についても考えておく必要があります。

プログラミングの勉強に際し必要なお金について挙げてみると、まずはプログラミングスクールの受講費用、教室に通うならば交通費、さらに転職活動をするのであればそのための費用なども考えられます。転職活動もすぐに終わるとは限らず、何カ月も要する場合も考えられます。また、普通の生活をするためのお金も当然必要になります。

お金の余裕は心の余裕といえるように、ある程度お金に余裕を持っておけば、プログラミングにも集中して取り組めるものです。また、転職活動も余裕持って取り組んでおけば、自身がどの企業にあっているのかを考えられるようになり、理想とかけ離れた結果にならずに済みます。

したがって、受講費用と通学期間中と卒業後最低半年間は生活するだけの貯金を蓄えておくと良いでしょう。

プログラミング基礎学習で利用したい学習サービス

さきほど、プログラミングスクールに入る前にやるべきこととして、基礎学習をすることを挙げました。ここでは、基礎学習に最適なプログラミングの学習サービスについて2つ紹介します。いずれも、ブラウザ上で学習可能ですよ。

Progate

1つ目はProgateです。Progateはプログラミング学習サイトの1つで、ユーザー数は100万を超える、有名なサイトです。

イラストを多く用いた解説が特徴的であり、まさにプログラミングの基礎を知るにふさわしいサイトとなっています。また、ブラウザ上で実際にプログラミングができ、面倒な環境構築も必要ないことからも、プログラミングスクールに入る前の基礎学習にはぴったりですね。

Progateには有料のプランも存在しますが、基礎学習するだけでしたら、無料でも十分ですよ。

まったくの初心者の人なら、まずはProgateの中でも「初級編」と謳われている解説記事を読んでみるところから始めましょう。いずれもプログラミング言語も習い始めの部分は特に難しい概念の説明などはなく、早速詰まるようなポイントもないです。しかし、わからない点があれば、メモするなどしてあとに質問できるように備えておきましょう。

ドットインストール

2つ目はドットインストールです。こちらもプログラミングの学習サイトとなっております。こちらは動画による解説が主となっており、約3分の動画で要点などを説明しています。

こちらも有料のプランが存在しますが、もちろん無料で閲覧できるものも存在しており、基礎学習であればそれだけで事足りることでしょう。

ただし、こちらはプログラミングできる環境は備えていませんので、あらかじめ自身で環境構築しておく必要があります。環境構築は、プログラミング初心者がまずつまずきやすいポイントであるため、こちらはある程度環境構築の知識がある人が利用すると良いでしょう。

プログラミング初心者のための技術書の選び方

プログラミングについて勉強する際は、技術書を用いて勉強するのも良いでしょう。しかし、本屋に行けばたくさんの技術書が置かれており、一体どれを選べば良いのか悩んでしまうことでしょう。

プログラミング言語の教本を買うのであれば、まずは数ページ流し見してみてイラスト載せており、文章だけの解説になっていない本を選ぶと良いでしょう。文章よりもイラスト付きの解説のほうが直感的にわかりやすいからです。