この記事では、文系の人でもプログラミングができる理由について、文系の人がプログラミングを学ぶメリット、文系出身者が増えている理由など、文系がプログラミングを始めようとする際に必要な情報について解説しています。

これを読めば、文系のあなたがプログラミングに向いているか否か分かるようになります。

もし、文系だけどもプログラミングに興味があるのであれば、ぜひこの記事を参考にして、プログラミングを学習するか検討してはいかがでしょうか。

プログラミングは文系でもできる6つの理由

まずは、文系であってもプログラミングができる理由を6つ解説します。

そもそも文系出身のプログラマーは多い

そもそも、現代において文系出身のプログラマーは多く存在します。

というのも、プログラマーになるのに必要な資格が存在しないからです。基本情報技術者や応用情報技術者といった国家資格は存在するものの、それが無ければプログラマーになれないということはなく、無資格でもプログラマーになれます。

会社の求人を見ても、プログラミング未経験の人を歓迎するところが多く存在します。文系出身の人は、そのような求人からプログラマーとして就職することになります。未経験であっても、新人研修においてプログラミングについて学習するところがほとんどですので、全くプログラマーになれないことはないのです。

理数系の知識はあまり必要ない

プログラミングは理数系の知識を多分に含んでいるかに思われますが、実はそれほど含まれていません。

複雑な情報システムを作成するからには、それなりに知識がいりそうに見えますが、中身を見れば、そのほとんどは簡単な四則演算による計算処理や値の代入といった基本的な操作です。これであれば、理数系に疎くても理解ができそうですね。

また、プログラミングはその世界でしか学べないような知識(データ構造、アルゴリズム、オブジェクト指向など)が多く存在し、その知識を前にして文系や理系の差はあまり問題になりません。

英語を読む力が必要だから

プログラミングの世界では、英語を読む力が必要になります。

ITを支える様々な技術は、そのほとんどが海外発祥のものです。したがって、資料も英語で記載されているところが多く、その資料を理解するために英語が読めるようにならなければならないのです。

やはり、この英語力も文系、理系の差はあまり問題ではないので、文系だからできないということはありません。

また、最近ではGoogle翻訳の翻訳精度も劇的に向上しており、英語力を備えなくとも英語を理解することは可能です。

論理的思考能力が重要だから

論理的思考能力とは、物事を順序だてて考える能力を指します。ロジカルシンキングとも言われますね。

プログラミングの世界では、プログラムで解決したい問題に対して、その問題を解くための手順(アルゴリズム)を考えて、それをコードに変換する作業をします。このアルゴリズムを考える部分で論理的思考能力が発揮するのです。

論理的思考能力は、そのやり方さえつかめれば文系でも十分に使いこなせるものとなっています。

コミュニケーションスキルが重要

プログラミングは画面に向かって一人黙々と作業するというイメージが強いですが、実はそれよりも他人とコミュニケーションをとることが多かったりします。

というのも、実際の現場では複数の人間が一つのシステム、プロダクトを開発するのがほとんどだからです。開発時は複数の人たちと密にコミュニケーションしながら開発しないと、認識齟齬が生じ思うように開発が進まなくなります。

このコミュニケーションスキルにおいても文系、理系の違いは問題ではなく、コツさえつかめば文系でも十分に使いこなせます。

プログラミング初心者向けのスクールや学習サイトが多い

また、最近ではプログラミング初心者に向けたサービスの展開が著しく、プログラミングを学べるスクールや、Webサイトなどが存在します。

プログラミング初心者向けと謳っているだけあって、イラストを用いた直感的に理解できる解説を載せたり、たくさんのサンプルコードを載せたりして、分かりやすくなっています。

また、プログラミング言語自体も読みやすさや書きやすさを追求した結果、より簡潔で学習コストが抑えられたプログラミング言語が登場してきており、文系でも十分取得可能なものになっています。

文系がプログラミングを学ぶメリット

ここからは文系がプログラミングを学ぶ3つのメリットについて解説します。

プログラミングが現在の仕事に活かせる

プログラミングのスキルが現在の仕事に活かせるようになります。

意外に思われるかもしれませんが、プログラミングのスキルというのはプログラミング言語の知識以外にも、上記で挙げたように、論理的思考能力やコミュニケーションスキルといったものも含んでいます。特に後者の2つについては、プログラミングの世界に限らず、他の職業でも活かすことが可能です。

営業職であれば、お客様との打ち合わせの際に、論理的思考能力でお客様が抱えている問題を理解し、それに対して明瞭な説明を行いながらコミュニケーションをとるという形で活かせますよね。

マーケティング職でも、分析する際には論理的思考能力でもって、分析結果を捉えて、企画を立案し人に説明する際にも、コミュニケーションスキルなどが求められることから、プログラミングスキルが活かせます。

エンジニアとのコミュニケーションが円滑になる

プログラミングスキルがあれば、エンジニアとのコミュニケーションが円滑に行えるようになります。

職種が異なっていると、同じ問題に対しても職種ごとに異なって捉えることがあります。非エンジニア職が気にも留めないような問題をエンジニアが問題視していることがあるのです。

プログラミングスキルがあれば、エンジニアにも理解できる言葉でコミュニケーションをとることが可能になります。

発注する際に、エンジニアの立場が理解できる

プログラミングスキルがあれば、発注する際に、エンジニアの立場が理解できます。

ひとつ前の項目にも関連することですが、エンジニアとのコミュニケーションが円滑になるということは、エンジニアの立場にたって問題を理解することが可能と言い換えることができます。

営業とエンジニアとの意思疎通がうまくいかず、エンジニアに極度の負担がかかるといった事例が、ITの現場では起こりがちです。このような事態に陥らないためにも、発注する立場の人は、エンジニアがどのように問題をとらえて、立ち向かっていくのかについて理解する必要があるのです。

プログラミング学習を始める文系出身者が増えている理由

今では、理系以外にも文系出身のプログラマーが増えてきています。その理由について2つ解説します。

プログラマーの需要が高まっているから

現在の世界は情報化社会が急速に進んできています。決済や製造、流通、さまざまな場面において情報システムが当たり前のように利用されてきており、今後もAIの研究・発展やIoTの普及など、さらなる情報化社会が待っています。

それに伴って、プログラミングができる人材が大きな需要を呼んでいます。どの企業もエンジニアの人手不足が著しく、未経験であってもプログラミングができる人材を欲しがっています。そのようなことから、理系文系問わず、プログラミングを学ぼうとしている人が増えているのです。

プログラミング教育が小学校で必修化されるから

また、小学校でプログラミング教育が必修化されているのも理由の一つとして挙げられます。

コンピュータの普及により、日常生活を送るうえでパソコンやスマートフォン、その他情報システムを必ず利用することになります。適切にそれらを活用するうえでも情報システムの中身を知ることが重要になってきます。

そのようなことから、小学校の教育においてもプログラミングが必修化され、子供のうちからプログラミングについての教育が行われるようになっています。

文系でもプログラミングに向いている人の特徴

ここからは、文系であってもプログラミングに向いている人の特徴について、4つ紹介します。

粘り強く続けられる人

粘り強く続けられる人は、プログラミングに向いています。

実際のプログラミングでは、最初から100%完璧なものが出来上がることはありません。何かしらエラーやバグに見回れ、それらを解消するための長く険しい作業が待っています。ひたすらトライアンドエラーを繰り返してやっとのことで完成するというイメージです。

また、日々新しい技術が生まれてきており、それらについて常にアンテナを張り、勉強し続けなければなりません。

このようにプログラミングでは、粘り強く物事を続けられる人に向いているといえるのです。

論理的思考が得意な人

先ほど述べた論理的思考能力が得意な人は、プログラミングに向いています。

プログラミングする際には、ある問題に対して解決するための手順、アルゴリズムを考える必要があります。問題をなんとなく捉えるわけにはいきません。

集中力がある人

集中力がある人は、プログラミングに向いています。

ディスプレイに向かって黙々と一人で作業するイメージの通り、プログラミングをする際には膨大な時間を費やして作業することになります。問題に真剣に取り組むためにも、集中力は大事になってきます。

向上心がある人

向上心がある人は、プログラミングに向いています。

ITの世界では、日々新しい技術が誕生してきています。新しい技術が利用されるたびに、その仕様について理解する必要があります。

つまり、日々勉強をして新しい技術を取り込んでいく必要があるのです。

文系におすすめのプログラミング言語は?

ここでは、文系でも取得可能なプログラミング言語について紹介します。

PHP

1つ目におすすめするプログラミング言語は、PHPです。

PHPはWebアプリやWebサーバーの開発において、多く利用されているプログラミング言語で、構文が比較的シンプルで読みやすく、かつ書きやすいのが特徴です。また、フレームワークが多く存在しており、それらを利用することで、少ない作業量で効率的にWebサイトの作成が可能となります。

ブログを簡単に作成できるサービスとして有名なWordpressはPHPでできており、そのほかにもSNSの一つであるFacebookや百科事典のWikipedia、Slackなどが、PHPで作られたサービスとして知られています。

PHPはWeb系の求人の中でも比較的多く存在しておりますので、職に困ることはないでしょう。

前述したように、フレームワークを利用することで開発の効率化につながることから、Webサービスを効率的に開発してみたい人は、利用してみてはいかがでしょうか。

Python

2つ目におすすめするプログラミング言語は、Pythonです。

Pythonはほかのプログラミング言語に比べてコード量が少なく仕上がるため、読みやすいです。読みやすければその分理解も早いため、プログラミング初心者でも、比較的早い段階で取得可能です。

Pythonは、ライブラリの豊富さから、特にAIや機械学習の分野において利用されているプログラミング言語です。Googleが定める、Google三大言語の一つに数えられており、今後の開発の主流になりつつある言語として知られています。

そのほか、Web開発の場でも利用されており、動画共有サービスであるYouTubeやオンラインストレージサービスのDropboxなどが、Pythonでできたサービスとして挙げられています。

AI・機械学習の研究は今後も盛んになることから、求人も減ることはないでしょう。

AIや機械学習で何か開発してみたいのであれば、Pythonを利用してみることをお勧めします。

Ruby

3つ目におすすめしたいプログラミング言語は、Rubyです。

Rubyは数あるプログラミング言語の中でも、日本が発祥のプログラミング言語として有名です。Web開発において利用されるプログラミング言語として知られています。

Rubyは、それ単体というよりも、そのフレームワークであるRuby on Railsを利用することがほとんどで、フレームワークを利用することで効率的にWebサービスを開発することができます。

Rubyも構文がシンプルなので、読みやすく、かつ書きやすいので初心者に向いているプログラミング言語といえます。また、求人も多くあるため初心者でもすぐに採用される期待があります。

代表的なサービスとして、料理レシピ共有サービスのクックパッド、クラウドソーシングサービスのクラウドワークス、クラウドファンディングサービスのKickstarterなどが挙げられます。

JavaScript

4つ目におすすめしたいプログラミング言語はJavaScriptです。

JavaScriptはもともとWebページに動的な処理を実装するためのプログラミング言語として登場しましたが、現在ではWebサーバー開発でも利用されることもあり、活躍の場を広げつつあります。構文のシンプルさもることながら、ライブラリも豊富であり、特にjQueryは現在でも多く利用されています。

また、JavaScriptは特別な環境構築も必要なく、ブラウザがあれば気軽に動作確認できることも、プログラミング初心者にとってはとっつきやすいというメリットになります。

実際の求人では、JavaScriptのみの求人はそれほどなく、PHPやRubyといったWeb開発で利用されるプログラミング言語と併せて開発することがほとんどです。言い換えれば、JavaScriptを学ぶのであれば、Web開発系のプログラミング言語と併せて学習したほうがよいということです。